中津川市の保育園は東さくら保育園。一時預かり保育と延長保育も行っています。

大切にしていること

知(知的活動)情(情緒的活動)体(体育的活動)の3本柱を軸に、子どもたちが心身ともにたくましく、健康に育ってほしいと願いながら日々保育に取り組んでいます。


0~1歳児で大切にしていること

日々めざましい成長を遂げるこの時期。1歳前後からイヤイヤ期も始まり、周囲を困らせる事もしばしば。でもそれは、自我の芽生えの一環。大切な成長の一部なのです。
園では自我の芽生えにじっくり付き合いながら、健やかな成長を助けていきます。

2歳児で大切にしていること

2歳児では、お友達などの相手に共感すること、つまり仲間作りの基礎を育てることに重点を置いています。相手の気持ちに近づく試みが生まれるよう、導いていきます。
さらに、自立心を育て、やってみたい!という子どもの思いを大切に活動を工夫しています。

3歳児で大切にしていること

「おはようございます」「ありがとう」「ごめんなさい」など、生活やコミュニケーションに必要なあいさつを言う事や、基本的生活習慣が身につくよう保育しています。
また、この時期は、お友達との遊びの中でも、たくさんけんかが起きる時期。涙が出ることもあるけれど、けんかすることで、問題点が自身でわかってきたり、人との関わり方を学んでいくものです。
園ではそっと見守りながら、子どもたちそれぞれの問題解決力を育てていくよう保育しています。

4・5歳児で大切にしていること

目的に向かって集団で行動することが増えてくる時期。いろいろな行事を通して、仲間とともに、協調・協力して物事をやり遂げよう遂げようとします。
園では、特に、和太鼓・器楽合奏などの音楽活動に取り組んだり、畑で野菜を育てたりしながら、仲間と作り上げる喜びを体験できるよう保育をしています。

縦割り保育を実践しています

それぞれ異年齢児と関わる中で、遊びを通して仲間意識を養います。
水遊び、泥んこ遊び、縄跳び、ドッジボールなど、集団での遊びを実践し、こころを豊かにする多彩な友達関係を作っていきます。

募集