中津川市の保育園は東さくら保育園。一時預かり保育と延長保育も行っています。

設備紹介

東さくら保育園は鉄筋2階建ての園舎を中心とした造り。子どもたちがのびのびと毎日を過ごせるよう、ゆったりとした間取りになっています。
一部ですが、その内部をご紹介します。

外観

落ち着いたクリーム色の壁とモスグリーン屋根のかわいらしい外観。園のシンボルでもある正門前の桜は毎年見事に咲き誇り、子どもたちを喜ばせてくれます。
門は常時施錠し、安全とセキュリティーの面でも気をつけています。保護者様にはそれぞれ解錠カードをお渡ししています。

エントランス

日の光が差し込む明るい玄関。毎朝挨拶の明るい声が響きます。

保育室

室内のほとんどの時間を過ごす保育室は安全と遊びやすさをしっかり考えた造り。おもちゃやお道具箱などは取り出しやすく、子どもたちが自主的に活動できるよう配慮されています。
子どもたちそれぞれのロッカーにはイラストをつけて、わかりやすいレイアウトに。
小さい子の保育室は畳と緩衝マットを全面に敷いて、安全に心地よく過ごせるようにしています。

トイレ

さくら色でまとめられた明るいトイレ。子どもたちのスムーズな排泄を促すため、心地よさと清潔感を第一に考えています。
 
小さい子が過ごす1Fのトイレは仕切り壁なしの広々した造り。おむつからトイレへのスムーズな移行をはかるため、職員が排泄のサポートをしやすいようになっています。
2Fのトイレは、おむつが外れた大きい子用の仕様。個室に仕切られ、ゆっくり落ち着いて排泄できるよう工夫されています。

遊戯室

雨の日の集団遊びや入学式などの式典時に使用する遊戯室。多目的に使用できるよう舞台などは設置せず、安全でかつ広々と使用可能な設計がされています。
子どもたちの様子が一目で見渡せるよう、障害物を極力減らすよう心がけています。

音楽室

和太鼓や器楽演奏などの練習で使用する音楽室。子どもたちののびのびとした演奏と、近隣に対する配慮のため防音仕様になっています。

園庭

体育ローテーションやプールなどの屋外遊びで使用する園庭。毎日子ども達が元気いっぱい遊んでいます。
体育ローテーション時には跳び箱、平均台、マットを配置し、職員がサポートしながら活動します。
それぞれの年齢で多様な遊びができるような遊具も配置しています。

募集